ホンダ アコード ハイブリッド。 ホンダ 新型アコード発売から4ヶ月 乗ってわかった「イイところ」と「んんん?なところ」

ホンダ・アコードハイブリッド

なお2019年の東京モーターショー開催期間中から先行予約が始まっており、受注開始から約4か月の3月8日時点で約1500台が受注されたという(月販目標台数は300台)。 また電池はたくさん積めば燃費を良くする方向に向かうが、スペースが必要で重量が重くなって何よりも価格が高くなる。 ホンダが、新型アコードのフルモデルチェンジ日本発売を発表しました。 勘違いしないでほしいのは、新型アコードの出来栄えが悪いと言ってるのではない、ということ。 一度109キロの一般道を往復して、平均燃費24. ホンダのアコードがフルモデルチェンジを受け、ハイブリッド専用車「アコードハイブリッド」として2013年6月20日に発表された。 自分のシートは本革ではないですが、柔らかく座り心地も良く、後部座席も広く満足です。 この車両は、EVドライブ・ハイブリッドドライブ・エンジンドライブを自動で切り替えて走行することにより、軽自動車並みの圧倒的な低燃費を実現しました。

>

ホンダ 新型 アコードハイブリッド[2013年・9代目モデル] 試乗レポート/松下宏(1/3)

静粛性にもこだわり、遮音性に優れたスプレー式発泡ウレタンフォームを全ピラーの下端とルーフレール両端の全10か所に配置して、ノイズの侵入を抑制。 投稿日:2018年11月04日 総合評価 4. このあたりは、上級セダンとしての快適性への配慮が感じられる部分だ。 2013年5月31日 - 日本国内で「アコードハイブリッド」のティザーサイトをホームページ上に公開された。 セットオプションだから、サンルーフも付いてきちゃいますね。 新型アコードは465万円という価格に対する議論も多い。 新型アコードの内装を見ると、どうもそこが「補えてない」と感じるんだよね。

>

ホンダ 新型アコード発売から4ヶ月 乗ってわかった「イイところ」と「んんん?なところ」

新型ではプレミアム性を表現するデザインに磨きをかけ、最新技術が採用されるなど大幅に変更されました。 e:HEVだから街中速度ではモーター駆動なのだが、加速時に発電のためにエンジンが回転を上げた時の4気筒エンジンの音がやや大きく室内で感じるのは残念。 「HYBRID EX」は日本国内のホンダ車では初となるエンジンスタートボタン付きHondaスマートキーシステムを採用した。 フラッグシップセダンであるホンダ・レジェンドが発売される1985年前までと、2012年から2015年までのレジェンド生産終了時期には、ホンダのフラッグシップモデルにもなっていました。 ですが、レザーシートなので、ベンチレーションついていないから夏の時はかなり暑くなりそう。 トルクは3Lガソリンエンジン車に匹敵するが、低回転時にトルクが大きいという電気モーターの特性により、発進時の加速は3Lガソリンエンジン車を上回る。

>

アコードハイブリッド試乗の感想。乗り心地はホンダっぽくない!?

See section "December 2014 Plug-in Hybrid Car Sales Numbers"• 本革巻ステアリングの触感もいい感じ。 トランクスルーも可能となった。 アコードはアメリカでベストセラーを争うような売れ行きを続けるモデルで、基本はアメリカ市場を意識して開発されるミドルセダンだ。 やはりユーザー個人の必要性という事になるのでしょうか。 エンジンは発電用。 荒れた路面を通過しても足回りがバタつくこともなく、足がよく動いて路面変化に追従しているのがよく分かる。

>

ホンダ 新型アコード発売から4ヶ月 乗ってわかった「イイところ」と「んんん?なところ」

ドライバーは走りを楽しみながら、いろんな機能を楽しみつつ、安全装備が時々反応して、前後左右をチェックして警告してくれるので、少し緊張感を持って安心させてくれます。 チルトアップ機能付きフロント電動スモークガラス・サンルーフ 味わいのある高級本革シートと、車内に開放感を与えると共に室内換気に役立つ電動サンルーフの2点セットのオプションです。 大人のセダンとしての魅力急上昇である。 素晴らしいホンダイズム。 まぁぶっちゃけると、静かなんだけど、「楽しさ」が足りないのかな、と。 アメリカでも日本に続いて2014年モデルとして2013年10月よりハイブリッドモデルの販売を開始した。

>

ホンダ・アコードハイブリッド

私はホンダファンというより、むしろ周りに薦めるのはトヨタ車で、実際とても良い自動車作りしていて、コスパも良く、バリエーションも豊富なので、ホンダ車を人に薦めることはなかったです。 標識認識機能 ついに!ホンダ新型アコードの発売日は? フルモデルチェンジした新型アコードは、2019年11月から先行予約が開始され、2020年2月21日に日本で発売されます。 走行モードには、従来の「NORMAL」「SPORT」モードのほか、新たに「COMFORT」モードが設定されています。 今やそのイメージもないホンダではありますが、復活に期待したいですし、今や大型化したアコードの走りにも期待したい気持ちは当然ながらあるわけです。 さらに、高度化を使用し、信号通過支援・赤信号減速支援・発進遅れ防止支援をメーター内に表示する信号情報活用運転支援システムに世界で初めて対応した。

>

【実はホンダ版e

運転席は8ウェイのパワーシート。 ヘッドアップディスプレイも採用。 信号待ちでブレーキペダルから足を離しても停止状態を保持するホールドモード付だ。 アコードはあくまでも実用性を重視し、先進的なハイブリッドシステムを目玉としたセダンであることを軸に評価すれば、相当高い評価を付けられる車と思います。 動画はね、車両を借りられる時でないと撮れないので、そうメッタには撮れないんですよね。 「あらゆるセダンが追い求めた『セダンの理想像』」をテーマに掲げ、上質さや先進性を高めることを目標として開発されました。 また、電動のサンシェイドは故障しやすいという話や、他のドライブレコーダー等の機能がサンシェイドに干渉すると言う報告もあり、マイナス要因と捉えられているのかもしれません。

>