テドロス who 中国。 「テドロス氏を守ろう!」と中国紙、エチオピア外相時代に1兆円融資と明かす

高須院長「戦犯はWHO。テドロス事務局長」 橋下徹氏「騒動の元凶はWHOだ!」/芸能/デイリースポーツ online

Ministry of Foreign Affairs Website. テドロス氏のスキャンダルとは? [コレラ流行隠蔽疑惑] 選挙期間中、対立候補のイギリスのNabarro博士に 「テドロス氏は、エチオピアの保健相在任中に3回コレラが流行したのを隠している」 と批判されたそうです。 テドロス事務局長は記者会見で主として以下のように述べている。 【ダメだこりゃ】WHOがウイルスを拡散させた中国を絶賛。 エチオピアは他民族、多言語と言われています。 台湾はWHOへオブザーバー参加を求めてきたものの、中国の反対があって実現できていなかった。 さらに「調整の拙劣さ、透明性の欠如、リーダーシップの機能不全」が新型コロナウイルスへの対応を損なっていると主張。

>

中国寄り批判受けるWHO事務局長、「パンデミック宣言」の本当の狙い

医学的な知識や経験も豊富でかなり有能な人物であることは確かなのでしょうけど、政治とかお金が絡むことで、誤った方向に向かってしまったのでしょうね。 それに対してテドロス陣営は、「コレラではなく急性下痢症候群だった」 と疑惑を否定したそうです。 なぜ正確に報道しないのでしょうかね。 事の発端は、会場の記者が「WHOは、中国の対応を称賛するように中国から圧力を受けたのか」とテドロス氏に批判的な質問をぶつけたことだ。 テドロスは、ダムは発電専用に使用され、エジプトの水安全保障上の懸念を考慮した方法で建設されていると述べた。 交通網が制限され、封鎖状態にある武漢には、数百万人が残されている。 フランスの漢学者アリス・アイクマン(音訳)が、その演説内容を分析すると、10回以上、中国共産党式の言葉の表現を使用したこと、と指摘しました。

>

中国寄り批判受けるWHO事務局長、「パンデミック宣言」の本当の狙い

2017年5月25日時点のよりアーカイブ。 WHOのテドロス事務局長、逮捕できないのか? 怒? この組織の歴史を遡ると 1975年2月28日、ティグレイ人民解放戦線(TPLF)を結成、最初は国民党をクーデターによって倒した中国共産党のようなゲリラ軍として活動していました。 2017年12月14日、東京都にて(右)と 公共の保健機関で働き、2017年からの事務局長(Director-General)。 それが失敗に終わったことは、何よりも現状が雄弁に物語っている。 国は独自の医療システムを構築する能力を欠いており、健康のためのエチオピア人的資源の多くは国外へ逃げ出した。 80を超す民族と100近くの言語があるといわれているようです。

>

中国ベッタリのWHO「テドロス事務局長」は「ブルントラント元事務局長」を見習え

中国外務省によると、テドロス氏が1月28日に習氏と会談した際も「(中国は)時宜にかなった有力な措置を講じている」と対応を評価した。 つまり、「パンデミックの可能性があるだけであり、まだパンデミックではない」と解釈することも可能なのである。 The Rockefeller University 2017年6月5日. 彼は、ロールバックマラリアパートナーシップ()の議長 (2007-2009)、プログラム調整委員長(2009-2010)、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバル基金)議長 ()(2009-2011)および 妊産婦、新生児および小児の健康( )共同議長 (2005-2009)を務めた。 これらの実績から、テドロス氏は2012年にエチオピアの外務大臣に任命されています。 米国の資金拠出停止によってWHOが受ける打撃は、政治的なものの方が大きいと、2人の欧州外交官は指摘する。

>

特別リポート:批判覚悟で中国称賛、WHOテドロス氏の苦悩と思惑

。 エチオピアは人口はおよそ1億500万人ということでアフリカでもけっこう人口が多い国ですね。 保健大臣 テドロスは2005年10月に首相によって保健大臣(Minister of Health)に任命された。 中国が早くに手を打っていればこんなことにならなかったのに本当に残念ですね。 テドロス氏は、韓国、イタリア、イラン、日本など、新型コロナウイルスと闘う複数の国の政府を称賛。

>

台湾がWHOのテドロス発言に猛反発した背景

加盟国は通常、義務的拠出金と任意の拠出金を通じてWHOに貢献している。 jp 運営会社• 有料記事のため、ネットに表示される無料の部分から引用させていただく。 Saez, Catherine 2017年5月17日. その先頭に立ったのがトランプ米大統領だった。 2012年 世界を変える50人のうちの1人 テドロスは、英国のによる「2012年 世界を変える50人」の一人に選ばれた。 2018年4月18日時点のよりアーカイブ。

>