透明 な 夜 の 香り。 透明な夜の香り

透明な夜の香り / 千早 茜【著】

そして、朔との関係はどうなっていくのか・・・ このお話がどうなっていくのか、どんな終わり方をするのか、ぜひ読んでみて下さい。 小川朔は、その超人的な鼻の良さと調香師としての再現能力をいかし、完全紹介制で香水のオーダーメイドをしている。 様々な思い出と紐付いて。 先入観が抜けずに終わってしまったからかも知れないが、男女ではなく男同士 友情など で見たかったのかもしれない。 決して美しい暴力ではない事だけは強く指摘する必要があるだろう。

>

透明な夜の香り

他人との距離を置きたい彼は顧客との間に入る人間として新城を頼り、また広い庭園の世話をしてくれる源さん、この二人がいつもそばにいた。 閉じ込めていた一香の秘密、そして朔との関係は・・・ 主人公の一香は、心に何かを抱えた人です。 その理由は、日本人が自分たちは無臭だと思っているからだと。 (そんなことはなくて、おそらく多くの人が好むのだろうけれども) でも、誰ともこの物語について話したくないし、マイナスの言葉も聞きたくないし、『あぁ、これはまさにしおんの好みだよな』と見透かされることも厭うほどに、わたしはこの作品に『執着』してしまっている。 執着と愛着の違い、朔さんは線を超えてしまうのを恐れているが時間の問題ではないかな。 内容説明 元書店員の一香がはじめた新しいバイトは、古い洋館の家事手伝い。

>

匂いを想像しながら読む至福、『透明な夜の香り』。|編集部美容班の「今日も美容日和」|Beauty|madame consulta.consultaretiroafp.pe(フィガロジャポン)

マンゴーかき氷を食べたい! 香りは、脳の海馬に直接届いて、永遠に記憶されるそうで、 久しぶりに嗅いだ懐かしい香りから、突然忘れていた記憶が蘇ることもあるそうです。 疑問として残ったのは、朔のことを"紺色の声"と表したところ。 それは変化を拒むことで、安心や安定がある。 ウェブストアに111冊在庫がございます。 もともと香りのお店に行くのは好きでしたが、今回は調香師さんにもお話をうかがいました。

>

ゆきれぽ » 『透明な夜の香り』

一方、一香にも口にすることができない秘密があり……。 記憶にはその匂いにまつわる思い出もふくまれています。 一香の色は、判別つけにくいが間をとって灰色かな。 どのタイミングでそのことをだすか、ずいぶん考えました。 もしも、尋常でないほど鋭くて分析的な嗅覚が備わっていたら、その人はどんな毎日を送るのか。 ご利用の際はご注意ください。

>

透明な夜の香り

イメージできないと、読み進めるのがストレスに感じるときがあって・・・。 その洋館では、調香師の小川朔が、オーダーメイドで客の望む「香り」を作る仕事をしていた。 たとえば顧客が女優の章では、彼女が美しくなる香りを求めていると思いきや実は……、という起承転結で書いていますが、同時に物語全体では朔と一香、それぞれの秘密が少しずつ明らかになっていくという構造です。 朔が過去とどう向き合っていくかは、後半の読みどころのひとつですね。 そんな朔は、オーダーメイドの香りを作る仕事をしています。 許す前に追求やら尋問やらしそうな人ではあるが、既に一香は朔にとって特別な人になったのだから、自分が気づかないうちに僅かでも変化していくんじゃないだろうか。 この朔さんが天才的な嗅覚の持ち主で、初対面の一香の汗のにおいから、一香がしばらく身体を動かしていないことを言い当てます。

>

透明な夜の香りの通販/千早 茜

同年に『あとかた』、14年に『男ともだち』でそれぞれ直木賞候補となる。 しかし、この物語は語りではなく、この作家が書いた文字を読むという行為でしか美しさや瑞々しさまでを堪能する事ができないように思う。 庭の景色を季節ごとに、一年を通して描きたいということは最初から考えていました。 と同時に楽しかった台湾の記憶も。 あとは一香がこの先、朔さんとどう付き合っていくか。 千早茜の『透明な夜の香り』読み終わりました。

>